医療系業種が出店できない不思議さが豊中市の商業施設におけるテナント募集に内包されていることについてい

商業地域というのは周囲にある程度以上の人口が定住していて、なおかつ電車網が整備されていて少し遠隔地に住んでいる通勤圏の住人もお客として取り込むことが需要になってきます。
大阪府の豊中市はまさに商業地域としてふさわしい立地であり、駅近な商業地域では特に質の良いテナントを集めて営業すれば安定的な収益を見込めるのです。
現在豊中市にある、駅から4分ほどという立地の商業施設ではテナントを募集していまして、週末に親子連れが多く集まることを想定してサービス業関連の業種を募集しています。
募集項目の記述において不思議さを感じるのは、医療系業種に関しては出店が許されていないことです。
なぜこのような不思議なことが募集項目に記述されているのかと考えるなら、それは実に単純なことといえます。
つまり、飲食業を主に誘致するのがこの豊中市の商業施設ですからあからさまに医療系業種が出店しているとサービス系のテナントに対してイメージダウンの効果が少なからず発揮されてしまうからです。
子供連れの家族が訪れることをある程度以上見込んでいるため、無邪気な子供の不用意な発言を防止する意味でも医療系業種は排除されているのだと、この不思議さに対しての疑問は氷解し、納得できました。http://www.heart-palette.com/

http://www.cixindir.com/cix/?cix=3