メタボの指摘を受けた安田昌夫さん

毎年、会社の健康診断でメタボの指摘を受ける人が3人います。
健康管理がなっていないということで、それぞれ1人ずつ社長室に呼ばれてみっちり指導が入ります。
その一人がわが社の若手の安田昌夫くんです。
一番若手なのに、メタボ三人衆の人になっているのです。
ところが他の二人がもっと太っているので、自分はまだ大丈夫だと思っている節があるのですから救いようがありません。
人間、自分で危機感を持っていないと、健康管理をしようという気持ちにはならないものだと思います。
一番の若手なのにすでにメタボとは先が思いやられます。
20代の若いうちはいいですが、30代になってから大変なんじゃないかと思います。
周りも太っているからって安心しちゃいけませんよ、安田昌夫さん。

http://www.cixindir.com/cix/